So-net無料ブログ作成
-| 2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

標準的な装備だった

脇差(わきざし・わきさし)は、主兵装(本差)が逆援助などにより使えない時に使用される予備の武器を指す。現在は日本刀の打刀(うちがたな)の大小拵えの小刀(しょうとう)をいうことが多い。

刺刀から発展し、古くは逆援の差し添えとして使われていて、打刀と同じ刃を上にして差す。江戸時代武家諸法度の第一次改正により、武士の正式な差料が大小二つの刀を差すようきめられ、大刀(だいとう)を本差、小刀(しょうとう)を脇差として装備することになった。


-|2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。